育児のストレスに要注意|適度に発散することが大切

女の人

一人で悩まずに

診察室

心のケアを怠らない

結婚をすると、妊娠を望むのは多くの女性の意見です。子育てから学ぶことはたくさんありますし、子どもと同じように自分も大きく成長出来る過程と言えるでしょう。一方で、実の親による虐待が増えているというデータがあります。子どもへの虐待は他人事ではなく、誰もが加害者になりうる事案ではないでしょうか。育児にストレスを感じているお母さんは多いですし、お父さんにも育児のストレスが波及しています。大切なことは、一人で悩みを抱え込まないことです。育児のストレスと密接な関係があるのは、精神の乱れではないでしょうか。産婦人科でのケアだけでは不十分で、メンタルクリニックを活用してみて下さい。医師や専任のカウンセラーが話を聞いてくれることで、新たな着地点が探せると同時に、子育てに関する悩みを解消することができます。同じ悩みを抱えているお母さんやお父さんと話せる機会もありますし、心の支えになってくれるはずです。初めての育児であれば、全てが初めての経験でパニックになってしまいます。ストレスをストレスと感じることが出来なくなって、目の前にいる子どもに八つ当たりをしてしまうことがあります。それは決して特別なことではなく、親として成長するためのステップであることは確かです。近年は自治体のサポート体制も整備されつつありますし、子育てに関して受けられる支援も増えています。親子で共に歩んで行くことで、幸せな未来を築いていけるのです。

ナース

辛い時は話を聞いてもらう

頑張って我が子と向き合って育児をしているけどストレスが溜まることがあります。一人で抱え込まないで精神科などのカウンセリングで話を聞いてもらうだけでも、心を軽くすることができ前向きに育児に取り込むことができます。

カウンセリング

プロに解決してもらう

カウンセリングは育児でストレスを抱えた親子も受けることができます。早めに受けることで、親子関係を良好に保つことができます。親のストレスは必ず子どもにも影響してきます。大きくなってから小さなころの影響が出てからでは回復も難しいので、親が育児に困っている今こそ受けてください。