育児のストレスに要注意|適度に発散することが大切

ウーマン

子育ての悩みを相談しよう

悩む人

子供の世話が負担に感じる

妊娠中は我が子の誕生を心待ちにしている人がほとんどですが、赤ちゃんの世話は想像以上に大変なので、強いストレスを感じている人が少なくありません。子供は可愛いけれど、十分な睡眠が取れなかったり、自分の時間が持てなくなると、疲れが溜まってしまい、育児ノイローゼになってしまう可能性があります。出産後は体力がかなり消耗していますし、ホルモンバランスも乱れやすくなるので、家族の協力が得られる場合は、休息を取らせてもらうことも大事です。子育て経験豊富な家族や友人に悩みを聞いてもらうだけでもストレス解消になります。身近に頼れる人がいない場合は、子育て支援センターに相談したり、ベビーシッターに手伝ってもらうことも大事です。赤ちゃんは夜泣きをしたり、かんしゃくを起こすこともあるため、育児は楽しいだけでなく、心配事も多く、子育て経験の少ない女性には大きなストレスになってしまいます。体の調子が優れず、気分の落ち込みやイライラなどが続く時は、放置をせずに心療内科を受診する必要があります。ほとんどの人は一過性のことが多く、出産後半年ぐらいを経過すると、子育てに慣れてきて余裕が出てきます。育児中に強いストレスを感じている時は、配偶者の男性に簡単な家事や買い物は手伝ってもらうと良いでしょう。普段の生活では、時間に余裕のある時はおいしいお茶をゆっくりと飲むようにしたり、お風呂でリラックスすることも大事です。一人で悩まずに医師や家族、友人に育児のアドバイスを受けて下さい。